出店費用を抑えるなら| イベントスペースで大成を狙え|具体化する夢
男女

イベントスペースで大成を狙え|具体化する夢

出店費用を抑えるなら

店舗

店内備品への出費

大阪で貸し店舗を利用する形で、飲食店舗や小売店舗などの新規出店を計画しているのなら、居抜き物件を探してみてはいかがでしょうか。居抜き物件とは、前に入店していた店舗が残していった室内備品などを、そのまま流用することが可能な貸し店舗になっています。つまり、たとえば前に飲食店舗が入っていたならテーブルや椅子、ソファなど、また各種のキッチン用品などの購入費を抑えることが可能になるのです。室内備品を一通り揃える事は出店に当たって不可欠であり、また新規出店にあたっての負担に占める割合が高くなる要因でもあるため、居抜き物件を活用することによって、より少ない初期費用での新規出店を叶えやすくなります。店舗の運用に当たって、より余裕を持った取り回しをしやすくなるのです。

撤退理由を考慮しよう

大阪のような都市部では、毎年のように多くの店舗が新規出店を行い、また撤退をしていきます。そのため、居抜き物件も探しやすくなっているため、希望するエリアが決まっている場合などでも、複数の物件を比較検討した上で物件を選びやすくなっています。そんな大阪で居抜き物件を探すにあたっては、前に入店していた店舗の撤退理由をしっかりと把握することも肝心です。たとえば人気店になり、より規模の大きな店舗に移転するために撤退した場合と、ほとんど客が来ないために撤退した場合とでは、当然前者のような居抜き物件を選ぶのがオススメなのです。これは後者のような物件の場合、大阪の様な都市部であるにも関らず店舗までの動線が悪いことなども原因になっているケースがあるためです。